排水管は水漏れの多い場所

排水管は水漏れの多い場所 水漏れの多そうな場所は、キッチンやトイレなどの水回りです。特に緊急性が高いのは、トイレでしょう。トイレは使わないわけにいきませんし、夏場などはそのままにしておくと不衛生なこともあります。修理を急がなければ、トイレから水が漏れることで家中が水びたしになってしまうおそれもあります。トイレに比べれば、キッチンの場合は使用頻度は高いものの、まだ食事を作らないという方法を採ることができます。洗濯機なども、洗濯できないのは困りますけど、クリーニングに出したり、コインランドリーを利用するなどの選択肢があります。一時的に使用を止めている間に、水漏れ箇所を探すことができるでしょう。

■キッチンの蛇口

キッチンの場合は、蛇口やシンクの下、シンクにつながる排水管などが水漏れの原因となります。キッチンの蛇口にはいろんな種類がありますから、その家の蛇口の種類に合った修理の方法を考える必要があります。
蛇口の場合は水が漏れている原因を探しやすく、自分で修理することも可能です。シンクは水をためておくところですから、いつの間にか水がなくなっていれば、漏れていることに気づけるでしょう。シンクと排水管のつなぎ目あたりが、水の漏れやすい場所となります。排水管は、シンク下の収納扉の中にあります。収納扉を開けてみなければ、水が漏れていることに気づかない場合があります。収納扉の中にキッチン用品などをしまいこんでいるご家庭は、キッチン用品に押されて排水管がズレてしまうこともあります。修理を行う際には、ズレている部分をもとの位置に戻しましょう。

■トイレの排水管
使用頻度の高いトイレは部品なども劣化しやすく、水漏れが発生しやすいところと言えます。トイレ 水漏れしやすいのは、トイレタンクや排水管です。トイレタンクには常に水がたまっており、中にある部品が正常な位置からズレてしまうことで水が漏れやすくなります。トイレタンクの中にある部品をもとの位置に戻すだけで直る場合がありますから、最初にそれぞれの部品の位置を確認しましょう。
節水目的でトイレタンクにペットボトルを入れているご家庭がありますが、部品が正常な位置からズレてしまう原因となります。トイレの排水管は、長年の使用による劣化で、あちこちにヒビが入ることがあるでしょう。トイレタンクに異常が見られない場合は、排水管にヒビが入っていないか、ほかのところをチェックしましょう。

■洗濯機は排水ホースからの水漏れに注意

洗濯機は、古くなってくると水が漏れることがあります。洗濯機の場合は、ほかの部分とつながっているわけではありませんから、水漏れの箇所は探しやすいのではないでしょうか。最も漏れやすいのは、排水ホースの周辺です。排水ホースに洗濯クズがつまったり、ホース自体が劣化することも水が漏れる原因になります。排水ホースは長い間使っていると、折れ曲がっているところに亀裂が入ったり、穴が開いたりします。穴が開いたところをふさぐか、ホースごと取り替える必要があります。排水ホースは、ホームセンターなどで購入できます。洗濯機の故障により水が漏れている場合は、洗濯機ごと買い換えなければいけないこともあります。洗濯機はリサイクル家電のひとつですから、新しいものに買い換える際に決められた処分方法があります。

■まとめ
水が漏れているところがわかれば、そこを修理するだけなので自分でできる可能性があります。キッチンの蛇口や洗濯機の排水ホースなどは比較的原因がわかりやすく、自分で修理しやすいところです。トイレの場合は原因がわかりにくいことから、修理にとまどってしまうことがあるかもしれません。原因がわからない場合は、水道業者のようなプロを呼んで点検してもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース