配管で最も水漏れしやすいのが排水管

■キッチンの配管

キッチンの場合には、シンクの下に収納が配置されていることが多いでしょう。この収納と一緒に排水管も設置されているのが一般的なのですが、もし水で濡れている場合には、水漏れを起こしている可能性が高いです。すぐに点検を行い、漏れていたら対策を施しましょう。配管の水漏れは、大掛かりになることもあるため自分で修理するのが難しいケースが多いです。
自分で対応しようと手を加えると余計に悪化してしまう可能性もあるので、業者に依頼をした方がよいでしょう。繋ぎ目のネジが緩んでいることもあるので、しっかりと締め直してみましょう。これだけでも改善される可能性がありますが、パッキンの劣化や配管自体が劣化している場合には、いくら締め直しても改善はされません。

■トイレの配管

キッチンと並んでよく使用するのがトイレですが、トイレの場合には通常配管がむき出しになっている部分と、床下に収納されている部分があります。むき出しになっている部分であれば、ネジの締め直しなどで改善されることもあるのですが、便器の下から水が噴き出している場合には、素人では修理するのが難しくなります。しかも排水管が原因ではなく、便器のひび割れなども考えられるので、まずは業者に点検をしてもらうべきでしょう。
トイレというのは、キッチンや風呂に比べて水漏れの原因が特定しにくいことが多いのです。そのため、発見したらすぐに業者に依頼した方がよい場合もあります。ユニットバスで風呂場と一体化している場合には、多少水漏れをしても被害を食い止めることができますが、個別に取り付けられている場合には、被害が大きくなる可能性もあるので注意しましょう。

■風呂場の配管
風呂場にはキッチンと同じような蛇口だけではなく、シャワーも取り付けられています。水を使うことが多いので水漏れする確率も高いのですが、実は他の場所に比べると、自分でも修理しやすいと言えるでしょう。家にもよりますが、比較的配管がむき出しになっているところが多いので、原因も特定しやすくなっています。
さらに多少濡れても被害が大きくならないので、じっくりと水漏れしている箇所を探すこともできるでしょう。ただし水道代はどんどん高くなるので、いくら風呂場とは言っても早急に改善することが望ましいと言えます。風呂のお湯を流したときに、下から水が噴き出してくる場合などは、トイレと同じように自分で修理するのはかなり難しいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ