排水ホースから水漏れする?排水管で水が漏れやすい場所とは?

■お風呂や洗濯機はなぜ水漏れするのか

排水ホースは、台所のシンク下や洗面台にも設置されているタイプが多いです。この排水ホースの隙間から水が漏れだすケースもあります。ホース自体は消耗品であるため、設置してから年数が経つと、使用頻度にもよりますが排水管もろとも劣化します。
特にパイプ同士のつなぎ目部分にあるゴムパッキンは長年使用すると、素材が硬くなり亀裂が入ります。ゴムパッキンの寿命は10年から15年と言われています。他にも排水管と下水管の間にある防臭トラップ部分に隙間ができてしまい、そこから水漏れするケースもあります。防臭トラップは、シンク下に物を収納しすぎてホース部分が押されると外れることがあります。
被害拡大を防ぐためにも水漏れは早期発見が大切です。シンク下や洗面所などの扉の奥にホースがあると水漏れの発見が遅れやすくなる点は注意しましょう。

■排水ホース部分の水漏れは修理できるのか

排水ホースは排水管に差し込んであるだけのことも多く、取り外しが誰でも簡単にできるようになっています。新しいものが必要な場合は、ホームセンターなどでもすぐ手に入るので交換や修理も難しくはないでしょう。排水ホース接続部に緩みが発生していたり、髪の毛や食べかすなどのゴミが中につまっている場合もあります。その場合は排水ホースを取り外して中のごみを取り除くことでつまりが解消します。しかし、水漏れはホースの破損以外でも起こるため、まずは原因を追究しなければなりません。目で見て分かりやすい部分が破れている場合は別ですが、原因が特定できないならプロへ依頼した方が早いです。近隣エリアの業者へ依頼すればすぐ駆けつけてくれます。

■排水ホースの水漏れは取替えしなくちゃいけない?
水漏れが排水ホースで起こっていても、全部取替え無ければならないという事はありません。部品などを取り寄せるだけで修理ができるケースもあります。状況によっては、少しの修理で直る事があるので、水漏れがある部分の現状をきちんと確認してください。
ゴムパッキンの劣化程度であればDIYが可能で、ホームセンターなどで部品を購入すれば費用も抑えられます。ただし排水管修理で必要な部品は設置されているものと同じサイズを買ってください。給水栓や止水栓は自分で修理をすると余計に水漏れが悪化する恐れもあります。修理費用を抑えるためにも、自分で修理でき、部品の買い替えのみで済むのかなど見極めてみると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ