排水管・排水ホースの水漏れに対応する方法

■排水管・排水ホースは水が漏れやすい

夏に向けて水の消費が増えてくると、キッチンや洗面所、洗濯機などの水回りで水漏れトラブルが起こりやすくなります。気づいたら床が水浸しになっていたということがあります。キッチンであれば、蛇口やシンクと排水管の接合部分、排水ホースが水漏れの起きやすい箇所です。洗面所であれば蛇口、洗面台下の排水管、洗濯機では排水ホースが主な水漏れ箇所になります。
見える箇所のトラブルであれば、補修テープを巻くなどすぐに応急処置をすることができますが、どこから水が漏れているのか一見して分からない場合もあります。キッチンや洗面所の下の収納棚は日頃から整理整頓に努め、排水管などの水漏れトラブルが起きたときに迅速に対応できるように心がけることが必要です。自分で修理するには難易度が高いと判断したら、速やかに修理業者に依頼してください。

■キッチンの排水管・排水ホースの水漏れ

キッチンで水漏れが起きたときは排水ホースの接合部にゆるみがないか確認します。パッキンやナットのゆるみであれば、工具で締め直すことで対応できます。ゆるんでいないのに水が漏れている場合はパッキンの劣化であるケースが多いです。この場合はパッキンを新しく取り替えることで対応可能です。排水ホースに食べカスや油汚れなどが詰まり、逆流が起きたために水が漏れる場合があります。
外せるようなら分解して詰まりを取り除き、外せなければ重曹やクリーナーを使用し、詰まりを流すようにします。長年の使用や衝撃が加わることで穴が開いているケースもあります。穴が小さければ補修テープで修理することが可能ですが、経年劣化によるものであれば新しく取り替えることが必要です。

■洗面所の排水管・洗濯機の排水ホースの水漏れ
洗面所で水漏れが起きたときは、S字型になっている排水管の接合部のゆるみ、経年劣化、詰まりの原因が考えられます。パッキンやナットのゆるみは工具を使用してしっかり締め直し、劣化や破損していれば新しく交換します。髪の毛や石鹸カスなどが詰まっている場合、排水トラップのキャップが付属していれば、キャップの詰まりを取り除くことで対応できます。
キャップが付属していなければ排水管を分解する、またはワイヤーを使用して詰まりを取り出します。洗濯機の排水ホースから水漏れするときは、両端や延長ホースとのつなぎ目に隙間がある、または排水ホース自体の損傷トラブルが原因と考えられます。つなぎ目はビニールテープを巻いてしっかり固定させます。損傷している場合は補修テープで対応し、解決しなければ新しく交換します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ