排水管から水漏れ?配管との違いは?

■家の中の管の違い

水のトラブルによく聞くことがある配管や排水管というワードですが、違いがあるのかを知らない人も少なくないでしょう。実は排水管は配管の一種です。配管には2種類あり、その種類によって働きが分けられているからこそ私たちは生活の中で不自由を感じることなく水を使用できています。
排水管というのは使用した水を排出するための管で、家の外にスムーズに水が排出されるような形状になっています。常に水が流れ続ける場所ではないので、ずっと圧力がかかっていることはありません。それとは対照的に給水管は使用するための綺麗な水が通る管で、蛇口を捻れば水がすぐに出てくるように強い圧力が常にかかっています。そのため、災害や外部からの衝撃によって破損を起こすと水漏れなどのトラブルが起こるので、注意が必要です。

■排水管が水漏れをした時にどうするか

排水管は経年劣化によって脆くなることから水漏れが起きます。常に水漏れするリスクがある場所なのでいつどのタイミングでトラブルが発生するかはわかりません。トラブルが発生して業者に配管修理を依頼しても業者が休みの土日だったり、既に予約がいっぱいで当日中に修理にこられない可能性もあります。
排水管の場合は水を使用しなければ水が通る場所ではないので、自分で応急処置ができるケースもあります。管の下にバケツを置いて雑巾を敷いた状態で水が流れ切るまで待って、流れ切ったら補修テープを巻いておくだけでも立派な応急処置になり、多少水を使っても問題のない状態にまで回復します。とはいえ、完全には直っていないため、出来るだけ早く修理にきてもらいましょう。

■給水管の水漏れでの対処法
配管のなかでも給水管は、排水管と違って常に水が通り続ける管です。そのため給水管から水漏れが起きてしまえば、常に水が漏れ続けてしまうので放置すると被害もそれだけ大きなものになってしまいます。そんな給水管の水漏れの応急処置は、排水管と同様にテープを使用して破損個所を防ぐという方法になります。しかし排水管とは少し違うのが、最初に止水栓を閉めて水の流れを止めてから行うということです。止水栓を閉めることによって、水の流れ自体を止められるのでこれ以上沢山の水が外に漏れ出てしまうのを防ぐことができます。配管の中でも被害が甚大になりがちな場所なだけに、修理しないと水を使用することはできません。できるだけ早く破損した箇所の修理をしてもらいましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ