排水管から水漏れが起こったら部品を交換してみよう

■水漏れの多くは排水管から

水回りは常に水漏れの危険性が潜んでいます。例えば、キッチンや洗面台のシンク下には排水管が見えますが、この排水管自体から何らかの理由によって水が漏れることもありますし、さらにその下の床下につながっている排水管から汚水が溢れてきてしまうということもあります。雨が降っているわけではないのにジメジメと湿度が高い、下水のような嫌な臭いがするというようなときには水漏れしていないか確認してみましょう。
近年ではシンク下がオープンになっているキッチンや洗面台も増えてきましたが、やはり扉のついている収納スペースとなっていることが多いでしょう。普段目につきづらい部分でもあるため中身の整理を行うときや掃除をするときなどには異常が起こっていないか点検することをおすすめします。

■水漏れを発見したらどう対処する?

水漏れを発見したら、まずは水を止めることが先決です。床に水が溜まっているなど、排水管からの水漏れが疑われる場合には、水漏れが起きている箇所の使用をやめて水がこれ以上漏れ出ないようにしましょう。考えられる原因としてはいくつかあり、排水管の継ぎ目や接続部分がゆるんで隙間から漏れている、経年劣化などによって排水管やパッキン、排水ホースなどが傷んでいるということなどが挙げられます。このような場合はゆるんでいる箇所がないか一つ一つ確かめ、もしゆるんでいれば締め直すだけで問題ありません。部品が劣化している場合は交換が必要となります。

■排水管の部品を交換する方法
排水管には封水と呼ばれる水を溜めるトラップ部分がついています。シンクの排水口からトラップ部分や、トラップから排水管やジャバラの排水ホースとの継ぎ目にはパッキンが使われており、劣化によって変形していれば交換をします。キッチンのメーカーや型番などを確認して排水口や排水管に合うサイズの物を用意しましょう。
トラップを外す際は、一般家庭にもよくあるモンキーレンチなどではサイズが合いません。そのため専用工具を用意するか、滑り止めゴムのついた軍手などをつけて手で外します。シンク下に収納していたものをすべて取り出し、汚れた水を受けるためのバケツなどを準備して取り掛かります。トラップの下の大きなナットを緩め、パッキンや排水管、排水ホースの交換を行います。交換後はこまかな隙間にごみなどが入らないよう清掃し、元の順に組み立てれば完了です。少しずつ水を流して漏れが解消されているか必ず確認を行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ