排水管からの水漏れ工事は専門的な技術が必要

■なぜ自分での水漏れ調査をすべきではないのか

排水管から水漏れした場合、まずはどこから水漏れ調査をする人も多いでしょう。水漏れ調査をするにあたっては、まず水道メーターが動いているのを確認します。さらに地中の配管の破損まで調査しないといけません。水漏れ箇所が一か所だけとは限らず、原因を特定するのに思っている以上に時間がかかってしまうこともあります。
排水管からの水漏れ工事を行う前に原因を特定するのに時間がかかると、水道代も余計にかかり大量に水漏れする恐れもあります。被害拡大を防ぐことを念頭に置く以上、専門技術を要する業者に依頼するのが望ましいです。目に見える箇所だけにとどまらず、目に見えない箇所から水漏れしていることも少なくありません。自分で対応して改善できたと思っても、実は改善しきれないことも多いです。

■排水管の水漏れ工事にかかる費用はどれくらいか

排水管からの水漏れ工事の費用は、どの専門業者に依頼するにしてもケースバイケースです。最も費用が変わる要素となるのが作業内容です。難しい作業である方が費用は高くなっていきます。さらに、交換する部品代や技術料によっての違いもあります。
簡単な部品交換作業の場合、1万円以下の費用で済むのが大半であるものの、大掛かりな作業を要する場合は思っている以上に予算がかかる場合もあります。多くの水道工事業者のホームページに目安となる費用が記載されていますが、あくまでも目安であることを覚えておいた方がよいでしょう。

■見積もり依頼をしてかかる費用を把握
費用を確認するために、見積もり依頼をしましょう。すぐに修理をお願いするのではなく、まずはホームページから無料相談を行い、おおよその費用を確認した方が、そのまま依頼できるかどうかを判断しやすくなります。見積もり料や出張料が無料であるのなら、気軽に見積もり依頼ができます。また、この際に自宅からなるべく近い場所にある業者を選んでおくと、到着までの時間を短縮することができるためすぐに修理に取り掛かってもらえます。
排水管で起きる水漏れ工事は、状況によっても費用が変わる以上、当然ながら不安もつきまとうものです。事前に相場となる費用を調べておき、そして実際に見積もり依頼をした場合の費用に問題がなければ、そのままスムーズに依頼ができるはずです。もしも内容について不明な点があれば納得できるまで担当者に尋ね、丁寧に応対してくれるかといったことも依頼を任せて問題ないか判断する基準になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ