排水管の水漏れは排水ホースの可能性が高い

■なぜ漏れるのかその原因を知る

排水ホースが排水管の水漏れを引き起こす原因になることがあります。理由は4つあり、1つ目は接続部分の緩みです。わずかな振動で徐々に緩むことがあるため、お手入れの際など定期的に締めておけば予防につながります。2つ目はゴムパッキンの劣化によって水漏れが起こります。劣化を放置しておくと隙間がうまれ、そこから水漏れが進行します。3つ目はホースに穴や亀裂などが入り、水が漏れます。これはねずみなどがかじって穴が開くことが原因です。4つ目はホースに異物が詰まって流れなくなると、汚水が漏れ出てしまいます。この4つの原因を回避できれば快適に設備を使用できます。

■水が漏れなくなるようにするための解決方法

排水管や排水ホースの水漏れはつなぎ目から発生する場合が多いです。経年劣化で排水管や排水ホースが傷んでくるとそこからトラブルが発生します。
例えば、様々な要因や原因が重なって、排水ホースとゴムパッキンを締め付けているナットが緩みます。水が漏れる前から定期的にナットが緩んでないか点検します。万が一緩んでいたら、水が漏れてくる前に締め直します。
パッキンの損傷が原因で水が漏れていたらすぐに交換します。もし排水ホースに穴や亀裂があれば、テープなどを用いて補修しておけば応急処置になります。
排水ホースの汚れが原因で詰まりが発生し、水が漏れてくることもあります。ホースの内部の汚れを取り除いて、パイプクリーナーなどで綺麗に洗浄します。万が一ホースから水が漏れはじめたらこれらの解決方法で修理や確認をしながら症状を改善します。

■排水ホースの交換方法
もしも排水ホースの老朽化が進んでもろい状態になっているのであれば、破損しやすい状態のため交換をおすすめします。自分で交換する場合、家庭用の排水ホースにはサイズが2種類あるため、サイズが合うものを購入します。
古い排水ホースを取り外す際、内部に残っている汚れや水などが飛び散るため、新聞紙などで養生したり雑巾などを準備しておきましょう。排水トラップ部分のナットを回して古いホースを取り外し、排水管から抜き取ります。取り付けの際は、新しい排水ホースの先端を先に排水管に差し込んでから、排水トラップ部分に取り付けるようにすると作業を行いやすくなります。排水ホースが長すぎると排水管との接続が悪くなり、詰まりを起こして水漏れの原因となるため、長さの調整は必ず行いましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ