排水管の水漏れ修理は原因に合わせて

■漏れやすい排水管のつなぎ目

排水管の水漏れの修理には、原因に合わせていくつもの方法があります。発見するのが簡単ではないケースもありますが、見つけたときにはできるだけ早い対処が必要です。
水漏れしている箇所によって、原因にも違いがあります。まずは、どこから水が漏れているのか、原因箇所を特定しなければいけません。キッチンのシンク下につながる排水管などでも見られますが、いくつもの部品がつながって1本の排水管になっているケースでは、接続部分を確認します。1本の配管ならば、つなぎ目がなく漏れだすリスクは下がるでしょう。しかり、取り外しもしにくく、なにかあったときには全部交換しなければいけなくなります。そこで、個別に配管をつないで伸ばしていきますが、このすき間から漏れだす可能性が出てくるため、間にパッキンを挟み予防するのが基本です。接続が緩んでいる場合にも漏れるため、しっかりと締められているのか確認しましょう。

■パッキンが傷んで漏れてくる

排水管の接続部分から水漏れしている場合には、パッキンの交換も大事な修理方法です。パッキンはゴムで作られていますが、経年劣化をおこします。なにか異常をきたすようなことをしていなくても、時間とともに劣化してしまう状態です。水に触れているというのも問題のひとつで、ゴムの内部から成分が流れ出して劣化が促進されてしまいます。時期がくれば交換修理しなければいけません。
交換方法は、いったん部品を外します。外せば挟まれていたパッキンが取り外せるため、新しいものに交換するだけです。方法としては簡単ですが、場所によっては大変大きな作業となります。例えば、トイレの排水管のように、便器を取り外すなど大きな作業になると専門業者に依頼したほうが安全です。

■ほとんどは見えない場所に
排水管の水漏れで厄介なのは、家の中に通されている管の大半は目につかない場所にしてある点です。家の中には、ほとんどの管が見えないようにしてありますが、気がつかないうちに水漏れの被害が広がっているケースもあります。仮に水漏れに気がついたとしても、簡単に原因箇所を見つけられず、修理するにも手が出せないといった例も珍しくありません。
床下や壁の中となると、周りの部材を撤去して交換するといった方法が必要になります。時間も費用も掛かるため、普段から排水管内がきれいになるように使うとともに、定期的な点検も検討しておくといいでしょう。点検することで、老朽化がどの程度進んでいるのかも判断できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ