排水管の水漏れ修理と工事

排水管の部分的な修理だけではすまず、大がかりな水道 工事になってしまうことがあります。たとえば、キッチンの水漏れだけであれば、漏れているところの修理だけですみそうですが、家中の排水管を取り替えるということになれば、かなりの費用がかかってしまいます。

■部分的な修理で対処

現在漏れているのがキッチンだけの場合は、キッチンの水漏れのみ止めるという考え方です。将来的に浴室やトイレなどにも修理の必要が出るとしても、その都度修理していくことで費用をおさえることができます。
工事にどれぐらいの予算をかけることができるのかによって部分修理を行うか、全体修理を行うかの判断が分かれるでしょう。


■家中の排水管を取り替える

今はその程度の水漏れですんでいるにしても、劣化はどんどん進んでいきます。大金がかかるにしても、将来的に工事するときよりはまだ費用を抑えられるかもしれません。工事費用が工面できる場合は、すべて取り替えておいたほうが良い場合もあります。
水漏れしているところがわからない場合なども、排水管を取り替える必要が出てきます。漏れている場所がわかれば、そこだけ修理するという選択肢もあります。

■まとめ
応急処置的な対処をしていくか、思い切ってすべての排水管を取り替えるかで判断が分かれます。複数の水道業者を呼んで見積もりを取り、意見を聞いてみると良いでしょう。すべての排水管を取り替えるには大金がかかりますから、慎重にいろんな意見を聞いてから判断する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ