排水管や配管の水漏れ相談は専門業者へ

■素人でもできる水のトラブル確認方法

水漏れのトラブルに直面すると気が動転して慌ててしまいます。ところが、本当に水のトラブルが起きているのかどうか判断しにくいものもあるのです。この場合、疑ったまま過ごしていると、実はあのときトラブルが起きていて気付いたときにはトラブルによる被害が大きくなってしまったという場面も珍しくないのです。排水管や水道管から水漏れが起きている場合、素人でも簡単にチェックできる方法があります。そのひとつが量水器です。使った水がどのぐらいなのか計るための計測器なので、水の元栓を閉めてから量水器を見てみましょう。水の元栓を閉めているわけですから、本来は量水器が動くことはないのです。もしも動いている場合はどこかで水が漏れている可能性が考えられます。

■聞こえてくる音で判断できることもある

排水管や配管で水漏れが起きているときに、音で判断することができる場合があります。直前まで水を使っていて蛇口を閉めるなど水をとめたときに、空気が抜けているような音がかすかに耳に届いてきたら、それは配管で何かトラブルが起きている可能性があります。バスルームやトイレなどではこの方法で判断できる場合が多いです。以前は聞こえなかったのに最近になって聞こえるようになったと違いがあったときは、専門業者に一度調査してもらってください。業者には水漏れを調べるための専門的な道具や工具が揃っているので、素早く判断してくれます。素人には場所を特定するのが難しいことが多い水のトラブルも、プロの手にかかれば迅速に特定してくれるので安心です。

■最終的に頼りになるのは専門業者
排水管や配管の水漏れを素人が直すことはなかなか難しいことです。だからといって、そのままの状況を放置しておけば水のトラブルによる被害は拡大していきます。水回りのトラブルは自然に直ることはありませんから、被害が拡大する前に可能な限り早めに改善する必要があります。見て見ぬふりをせず、後回しにしないで早い段階で業者に連絡を入れ、現状で見た限りは特に目立ったトラブルがないという場合でも、万が一に備えて信頼できる業者の連絡先はピックアップしておくといいでしょう。目の前で水のトラブルが起こると慌てて冷静さを失ってしまい、業者の連絡先を探そうとしても簡単に見つけられません。安心できる暮らしのために、頼りになる専門業者の電話番号などを控えておくことをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ