発見しにくい排水管の水漏れと点検

■圧力がかからないからこそ発見が難しい

水道管とは違い、排水管から水漏れしている状況は、大量に漏れてくるとは限りません。排水管は圧力がない状態で使うのが基本で、流れている水も使った水量に比例します。それ以上の水は流れないため、比較的ゆっくり漏れだしてくるのが特徴です。仮に排水管が外れて流れ出した状態でも、水道管とは漏れてくる量が違います。
漏れてくる量が少ないため、なかなか発見しにくい点が問題です。水が流れ出る音が聞こえたり、普段は感じない異臭がしたときには、確認してみる必要があります。カビ臭いといったときにも、水漏れしていないか隠れた部分もチェックしてみるといいでしょう。小さな変化もトラブルのサインとなっている可能性があるため、わずかな異変も見逃さないことが大切です。

■定期的な点検が大切

排水管の場合には、普段の生活の中では見えない場所に多くあるため、水漏れしていても気づかず発見が遅れます。戸建てでは、床下に配置されていることも多く、なにかおかしいとのぞいてみたら水浸しになっていたというのも少なくありません。
床下をのぞく機会はそうそうありませんが、点検口がある場合はたまにはのぞいてみるのが、長く暮らしていくためにも大切です。どこでトラブルが起きているのか確認の方法が少なく、心配があるのなら、専門業者に点検してもらうのも方法です。専門業者であれば、壁などを壊したりせずに検査できる方法がいくつもあります。この方法を使えば、排水管の劣化の進行具合なども調べられるので、定期的に依頼しておけば大掛かりな交換になる時期も早めにつかめるでしょう。

■マンションなどでも設備を止めずに配管洗浄
マンションの排水管などの場合には、点検するとしてもかなり大掛かりになります。しかし、修理となればさらに時間も手間もかけなければならないため定期的な点検が大切です。例えば、排水管の内部を洗浄するという方法があります。
専用の高圧洗浄機を使って排水管内部の汚れを流してしまえば、劣化やつまってしまう状況をできるだけ改善できます。費用も排水管自体を交換するより安く済みます。また、作業をするのに水回りの設備を止める必要がないところもポイントで、生活に対する影響を最小限に抑えられるのがメリットです。個人の不動産投資で賃貸物件を扱っているのであれば、数年に1度作業するだけで、水漏れといった生活にかかわる大きなトラブル防止にもつながります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ