水漏れトラブルの原因が排水管にある場合は交換が必要になることも

■キッチンで起こりやすい水漏れトラブル

シンクの下に水が溜まってしまい水漏れが原因なのだろうかと慌ててしまうことがあります。排水管が破裂しているのか、詰まりが原因なのか不安になることもあります。特に酷い水漏れなどの場合は、原因が分からないとパニックに陥ることもありますが、あらかじめ原因を知っておけば心構えができるので安心します。例えば考えられる原因として排水トラップについているパッキンがあります。このパッキンが古くなって壊れていると水が漏れてしまう恐れがあるので、早めに交換する必要があります。これなら部品を購入して取り換えれば問題ありません。もし他に原因があるかもしれないと不安な場合は、一度専門業者に確認してもらうのもひとつの方法です。

■排水のホースが壊れている可能性もある

排水管まで繋がっている排水のホースが故障している恐れもあります。どんなものにも耐久年数がありますから、毎日使い終わった生活水を流すための排水ホースが月日とともに劣化するのは仕方がないことです。劣化によってホースに亀裂が入ると水漏れトラブルが起こります。亀裂は専門業者が到着するまでの応急処置はできるものの、最終的には交換が必要になります。生活用水を流すところですから、安易に自分で直そうとすると生活用水が溢れて水浸しになる恐れがあるので、被害を拡大させないためにも専門業者へ交換修理を依頼することがおすすめです。排水が流れる場所のため、水が漏れると嫌なニオイが立ち込めるのも、このタイプの水トラブルの特徴です。

■部品が緩むと水が漏れることもある
排水管から水漏れが起きているとき、故障などが真っ先に頭に思い浮かびますが、排水パイプをつなぐための部品が緩んでいる可能性もあります。ナットが緩んでいる場合は、ナットを閉めることで水漏れのトラブルは解消されます。ところが、このナットが緩んだ原因が部品の劣化によるものだった場合、部品の交換が必要です。部品が古くなって壊れているということは排水パイプも古くなって壊れる可能性が高くなっていることが考えられるため、一度専門業者に見てもらって、部品の交換で対応できるのか、それとも排水異パイプも交換したほうが今後のためなのか相談してみましょう。稀に排水管と排水ホースが繋がっている部分がズレていることが原因となって水が漏れることもあるので、排水ホースが排水管からズレていないかどうか事前確認しておくこともおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ