トイレの排水管が水漏れの原因

トイレ 水漏れすると、床が水びたしになったり、ほかの部屋まで水が流れこむことがあります。マンションなどの集合住宅であれば、下の階まで水が漏れることもあります。トイレの水漏れで多いのは、排水管が原因だと言われています。そのままにしておくと水道代が高くなりますから、早急な修理が必要でしょう。

■排水管のつまり

トイレの排水管は、思った以上に複雑な構造になっています。水漏れが起こるのは、パイプ同士がズレたり、排水管が劣化した場合です。パイプがズレただけであれば、ズレたところをもとに戻すだけで直る場合もあります。
排水管に便や異物がつまってしまった場合は、中を見て取り除く必要があります。つまりを取り除いてから確認しないと、水漏れの場所を特定できないでしょう。

■排水管の劣化

トイレの排水管が劣化した場合は、古くなった部分を修理するか、交換することになるでしょう。交換する場合は、部品がホームセンターなどでも販売されていますから、修理が得意な人であれば自分で交換できるかもしれません。
一部分だけを修理したとしても、全体的に劣化が進んでいるとすれば、やがてほかのところも交換しなければならなくなります。応急処置と考えましょう。

■まとめ
トイレの排水管から水漏れした場合、毎日使っているところなだけに早急な修理が必要になります。24時間対応している水道業者もありますから、夜中でも修理に来てもらえます。自分で直すのが無理そうなときは、水道業者に依頼すればスピーディーに対応してくれるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ